プレミアピープセレクションのクレカ以外の支払い方法とその特徴

こちらのページは住所や電話番号と言った個人情報入力欄が気になり、プレミアピープセレクション(Premier Peep Selection)の支払い時にクレカを使いたく無いとお考えの方、もしくはクレカをそもそも持っていない人で「デビットカード」や「auウォレット」なら持っているんだけど、プレミアピープセレクション(Premier Peep Selection)の支払い時に使えるんだろうかって心配されている方のページになります。

 

あなたは住所や電話番号、郵便番号の入力にためらっていませんか?

 

デビットカード

 

クレカ以外の支払い方法ですと、住所や電話番号と言った個人情報もデタラメでも大丈夫なんですよ(笑)

 

プレミアピープセレクション(Premier Peep Selection)の支払いで住所や電話番号を書きたくないとおっしゃる人にとっては、「デビットカード」や「auウォレット」による支払い方法は、凄く便利なアイテムとなります。

 

勿論「デビットカード」や「auウォレット」の存在をまだご存知でない方なら
絶対にあなたのお役に立つ記事なので読んで損しませんよ(^_-)-☆。

 

結論から申しますと「デビットカード」や「auウォレット」と言ったプリペイドカードでも
プレミアピープセレクション(Premier Peep Selection)の支払いができますのでご安心下さい。

 

高校生以上なら誰でも無審査で取得可能

 

これらのカードには共通の特徴があり
その特徴を持っているものですとなんでもOKと言うことになります。

 

とは言っても「デビットカード」や「auウォレット」と言った
プリペイドカードなら高校生以上ですと誰でも無審査で取得可能となりが
未成年者の方がプレミアピープセレクションを利用することは絶対にしないでくださいね。

 

共通の特徴その1
銀行が発行しているキャッシュカードと一体化した、銀行口座残高の範囲内で利用することができるデビットカード。

 

共通の特徴その2
VISA・MasterCard・AMEX・JSB・DISCOVERY・DINERS CLUBいずれかのブランドである事。

 

共通の特徴その3
カード内にチャージされている残高の範囲内で利用することができるプリペイドカード。

 

ジャパンネット銀行VISAデビットカード取得方法YouTube動画解説

 

 

ジャパンネット銀行VISAデビットカード公式ホームページはこちら

 

これらのカードはいろいろなところから入手できるのですが僕個人的におススメのカードと言えば
やはりジャパンネット銀行のVISAデビットカードかもしれません。

 

口座維持費が掛からないのでプレミアピープセレクションの支払い専用カードとして
持ってみるのもいいのではと思います。

 

他にも取り扱いがある金融機関は以下の通りです。

 

スルガ銀行・三菱UFJ・三井住友銀行・住信SBIネット銀行・楽天銀行・セブン銀行・イオン銀行などが挙げられます。
楽天銀行は年会費が掛かってしまうためおススメとは言えません。

 

プレミアピープセレクションのようなPPV購入を続けていると
「小さな出費が続き、気がついたら使いすぎ!」なんて時も、デビットカードや
プリペイドカードなら口座残高やあらかじめチャージした金額が上限だから安心ですネ!

 

デビットカードやプリカのデメリットはたった一つ!

クレカを持っていない人が、今日中にプレミアピープセレクションの
有料コンテンツをダウンロードしたいとお考えなら、残念ながらデビットカードや
プリカはあなたのお役に立てないと思います。

 

何故なら、デビットカードやプリカを申し込んでから
自宅にカードが到着するまでには10日〜14日を要するからです。

 

つまり今日中にプレミアピープセレクションの有料コンテンツを
ダウンロードすることも、見ることもできません。

 

そこでどうしても今日中になんとかしたいとお考えでしたら
お近くのコンビニで「Vプリカギフトカード」もしくはネット購入タイプの「Vプリカ」を購入してみてください。

 

次章では今日中にプレミアピープセレクションの有料コンテンツを
ダウンロードするための準備として、「Vプリカギフトカード」もしくは
ネット購入タイプの「Vプリカ」について解説していますので
気になる人は下記ボタンをクリックしてください。

 

「Vプリカギフトカード」もしくはネット購入タイプの「Vプリカ」について解説